ハードディスクの初期化の方法

ハードディスクの初期化といった説明があったりしますが、この初期化とはハードディスクにOSのファイルシステムを組み込むといった作業になります、フォーマットと言われたりもします。こういった作業をすることで、ハードディスクを使用できるようになるのですが、もし使用しているハードディスクを初期化してしまいますと、データ全てが消滅してしまいますので注意が必要です(初期化直後の場合に復活が出来る場合もあるようです)。ウィルスが感染してしまったといったときに、パソコンの調子が悪くなってしまったなどのときに、一度データを全部消してOSを再インストールするといった作業をします。

こういった、再インストールをして購入直後の状態に戻すといった、リカバリのことも初期化といったりもします。リカバリというのは、ある時点まで戻すといったことですので厳密には初期化とは違うわけですが、フォーマットした状態に戻すことでほとんど初期化という事になりますね。これはハードディスクよりもパソコンの初期化といったふうでもあります、こうした場合でもデータは全て消えてしまうので注意です(再インストールをしたもの意外)。なのでバックアップを取ることを忘れないようにして下さいね。

では初期化の方法はどんな感じかといいますと、リカバリの場合では専用のCD-ROMがOSを購入したときについているので、手順も指示がありますのでそれを行うことで問題はありません。フォーマットの場合ですとOSにおって手順が変わってくるのですね、仮にWindowsXPだとしますと、マイコンピューターを右クリック⇒管理を選択後⇒ウィンドウが表示されますので、ツリーの記憶域からディスクの管理を選択⇒フォーマットするディスクを選択して右クリックをしてディスクを初期化を選ぶ⇒初期化が済みましたらパーティションの設定をしてフォーマットをすると、XPに使用を出気宇ハードディスクの初期化が完了するのですね。ハードディスクの容量・OSにより、容量の壁がありますので注意するようにしましょう。

ハードディスクの初期化やフォーマットは知っておいて損はないでしょうから、覚えておくとよいですね。

ハードディスクのコピーをしよう

パソコンを長年使用をしたことがある人は経験したことがあるかもしれませんが、突然ハードディスクから異音(ガリガリ音)が鳴ってパソコンがフリーズしてしまった、なんて経験をしたことがあるかもしれません。ハードディスクの寿命は3年から5年で早い場合では2年や半年といった年月で壊れてしまうこともあるのです。

パソコンで重要な部品が消耗品なのですね。もし壊れてしまったハードディスクに大事なデータが入ったままだったらと考えるととても怖いですね。そういった事態になる前にバックアップといったことが重要になるのです、面倒なのでハードディスクの中身だけを丸ごとコピーしておけばよいと思われるかたもいらっしゃると思いますが、データにはシステムが稼動中の場合に手を出せないといったものもあって、それがシステム上で重要なデータとなっていたりしてコピーが不十分となって正常に動作をしなくなるといったことがおこるのです。

こういった場合でOSを他のハードディスク、もしくはパーティショーンにインストールをしてそっちから起動をすることでコピーが可能であったりしますが、この方法でも問題点があってWindows2000の場合には特にやめたほうがよいでしょう。

ではコピーが出来ない?と覆ってしまいますが、そういうわけではないのですが、専門の業者に依頼するといった方法もあります、こちらは費用はかかるのですがきちんとした業者に依頼すればコピーも問題ないでしょう。もうひとつは、ハードディスクコピーソフトと呼ばれるものを使用することですね、これはお引越しソフトとも言われて、市販品やフリーウェアの両方であるのでご自身で信用できるものを選択しましょう。コピーすることは、再インストールよりは楽でしょうが、費用や手間はある程度覚悟はしておきましょう。

こういったハードディスクに関わるトラブルは非常に多いですので、事前の対策を日頃からとっておくとよいですね。

ポータブルハードディスクの最近

ポータブルハードディスクと最近ではよく聞くようになってきましたが、これは外付けのハードディスクの一種になり、小型化にして持ち運びをすることを可能にされてハードディスクのことです。他に比べると高価ではありますが、持ち運びに便利で容量に比べて場所をとらないといったことで人気もあります。持ち運びのよさでは、USBメモリといったものもあります、価格も安価ですので利用しているかたも多いと思います。

ただ、1万円前後でのUSBメモリでは大きい容量でも8GBや16GBといったところでしょうが、ポータブルハードディスクでは、120GBといった容量のものもありますので容量辺りにしての単価を考えてしまうと10倍くらいになってしまったりもします。最初からある程度の予算に余裕があるようでしたらポータブルハードディスクを購入することを検討したほうがお得でもあるでしょう。ただ使用するものが、テキストファイルや小さいサイズといったものの移動だけのようでしたらUSBメモリでも十分でしょう。最近ではポータブルハードディスクにはバックアップ用のソフトといったものも付属していたりしますので付属品も確認しましょう。

ポータブルハードディスクでは、画像、映像、音楽ファイルといった大きいファイルの移動でとても便利ですが、ハードディスクというのはやはり衝撃に弱くて、持ち運べるように外部や内部に衝撃吸収用の緩衝材といったものが入っていたりします。外側より内部への衝撃について重視したいといった場合は内部タイプで、ケースの破損や持ち運びをしたときなどの傷を抑えたいと思えば外部タイプがよいと思います。

ポータブルハードディスクでは、USBケーブルによって電力供給できるものや、最近では小型化も進んで胸ポケットに入るくらいの大きさの製品まであったりします。ただ製品を選ぶときは、過剰のものがあってもしょうがない場合もありますので、ご自身の利用環境に合わせて選ぶことが大事ですね。

ハードディスクのパーテーションの切り方を知っておこう

パーティションの意味には、仕切り・分割・分割された部分といったようなことがあるのですが、ハードディスクのパーティションとは一体どういったことなのかと言いますと、論理的に分割された領域といいったことを意味するようですね。
簡単に言いますと、1つのハードディスクを2つまたは3つあるようにするといったことです。こういった分割をすることを、パーティションを切るなどとも言ったりします。このことによって、1つのハードディスクに対して、複数のOSを導入することが出来たり、パーティション毎にファイルを分けることで、管理・作業の効率化を図ったりするように出来るのです。

他にもシステム用のドライブ、データ保存用のドライブといったように分けたりをして、OSを再セットアップする場合やデータのバックアップをするとき、そしてドライブをデフラグをする場合などにかかる時間を短くすることも可能です。ただ注意しなければいけないことは、分割をするディスクのサイズを考えないと、片方は容量がいっぱいだがもう片方は容量がガラガラなんてことも起こりかねませんので注意が必要です。こうなってしまったときには切りなおした後のデータの移動をすることが必要になってきます。
切り方はどうやって行うのかといいますと、WindowsXPの場合ですと、マイコンピューターを右クリックで、管理を選択するとコンピューターの管理のウィンドウが出ます。そこにある、ディスクの管理から、パーティションの設定をすることが可能となります。
フォーマットがされていないディスク(未割り当て)を右クリックをして、新しいパーティションを選択すると新しいパーティションウィザードが起動をします、そうしたらパーティションの種類・容量を選択をして下さい。もし拡張パーティションを選択をした場合には、さらに論理パーティションで分けるといったことになります。最後にパーティションを切ることが終了しましたら、フォーマットを行うことでアイコンが追加されるようになりますのでそこで使用可能となるのです。
この作業をする際に注意をしてほしいことは、データの入っているハードディスクのパーティションを変更するといった作業をしますとデータは全て消えてしまいますので、データを残して管理するといったソフトを使用をするか、またはバックアップを必ず取っておくようにしましょう。

何事にも、バックアップを日頃から取るクセをとっておくようにしておくと何かあったときに困らなくて済みますので、頭にいれておくと良いでしょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ