ハードディスクの初期化の方法

ハードディスクの初期化といった説明があったりしますが、この初期化とはハードディスクにOSのファイルシステムを組み込むといった作業になります、フォーマットと言われたりもします。こういった作業をすることで、ハードディスクを使用できるようになるのですが、もし使用しているハードディスクを初期化してしまいますと、データ全てが消滅してしまいますので注意が必要です(初期化直後の場合に復活が出来る場合もあるようです)。ウィルスが感染してしまったといったときに、パソコンの調子が悪くなってしまったなどのときに、一度データを全部消してOSを再インストールするといった作業をします。

こういった、再インストールをして購入直後の状態に戻すといった、リカバリのことも初期化といったりもします。リカバリというのは、ある時点まで戻すといったことですので厳密には初期化とは違うわけですが、フォーマットした状態に戻すことでほとんど初期化という事になりますね。これはハードディスクよりもパソコンの初期化といったふうでもあります、こうした場合でもデータは全て消えてしまうので注意です(再インストールをしたもの意外)。なのでバックアップを取ることを忘れないようにして下さいね。

では初期化の方法はどんな感じかといいますと、リカバリの場合では専用のCD-ROMがOSを購入したときについているので、手順も指示がありますのでそれを行うことで問題はありません。フォーマットの場合ですとOSにおって手順が変わってくるのですね、仮にWindowsXPだとしますと、マイコンピューターを右クリック⇒管理を選択後⇒ウィンドウが表示されますので、ツリーの記憶域からディスクの管理を選択⇒フォーマットするディスクを選択して右クリックをしてディスクを初期化を選ぶ⇒初期化が済みましたらパーティションの設定をしてフォーマットをすると、XPに使用を出気宇ハードディスクの初期化が完了するのですね。ハードディスクの容量・OSにより、容量の壁がありますので注意するようにしましょう。

ハードディスクの初期化やフォーマットは知っておいて損はないでしょうから、覚えておくとよいですね。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ