ハードディスクのコピーをしよう

パソコンを長年使用をしたことがある人は経験したことがあるかもしれませんが、突然ハードディスクから異音(ガリガリ音)が鳴ってパソコンがフリーズしてしまった、なんて経験をしたことがあるかもしれません。ハードディスクの寿命は3年から5年で早い場合では2年や半年といった年月で壊れてしまうこともあるのです。

パソコンで重要な部品が消耗品なのですね。もし壊れてしまったハードディスクに大事なデータが入ったままだったらと考えるととても怖いですね。そういった事態になる前にバックアップといったことが重要になるのです、面倒なのでハードディスクの中身だけを丸ごとコピーしておけばよいと思われるかたもいらっしゃると思いますが、データにはシステムが稼動中の場合に手を出せないといったものもあって、それがシステム上で重要なデータとなっていたりしてコピーが不十分となって正常に動作をしなくなるといったことがおこるのです。

こういった場合でOSを他のハードディスク、もしくはパーティショーンにインストールをしてそっちから起動をすることでコピーが可能であったりしますが、この方法でも問題点があってWindows2000の場合には特にやめたほうがよいでしょう。

ではコピーが出来ない?と覆ってしまいますが、そういうわけではないのですが、専門の業者に依頼するといった方法もあります、こちらは費用はかかるのですがきちんとした業者に依頼すればコピーも問題ないでしょう。もうひとつは、ハードディスクコピーソフトと呼ばれるものを使用することですね、これはお引越しソフトとも言われて、市販品やフリーウェアの両方であるのでご自身で信用できるものを選択しましょう。コピーすることは、再インストールよりは楽でしょうが、費用や手間はある程度覚悟はしておきましょう。

こういったハードディスクに関わるトラブルは非常に多いですので、事前の対策を日頃からとっておくとよいですね。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ