ポータブルハードディスクの最近

ポータブルハードディスクと最近ではよく聞くようになってきましたが、これは外付けのハードディスクの一種になり、小型化にして持ち運びをすることを可能にされてハードディスクのことです。他に比べると高価ではありますが、持ち運びに便利で容量に比べて場所をとらないといったことで人気もあります。持ち運びのよさでは、USBメモリといったものもあります、価格も安価ですので利用しているかたも多いと思います。

ただ、1万円前後でのUSBメモリでは大きい容量でも8GBや16GBといったところでしょうが、ポータブルハードディスクでは、120GBといった容量のものもありますので容量辺りにしての単価を考えてしまうと10倍くらいになってしまったりもします。最初からある程度の予算に余裕があるようでしたらポータブルハードディスクを購入することを検討したほうがお得でもあるでしょう。ただ使用するものが、テキストファイルや小さいサイズといったものの移動だけのようでしたらUSBメモリでも十分でしょう。最近ではポータブルハードディスクにはバックアップ用のソフトといったものも付属していたりしますので付属品も確認しましょう。

ポータブルハードディスクでは、画像、映像、音楽ファイルといった大きいファイルの移動でとても便利ですが、ハードディスクというのはやはり衝撃に弱くて、持ち運べるように外部や内部に衝撃吸収用の緩衝材といったものが入っていたりします。外側より内部への衝撃について重視したいといった場合は内部タイプで、ケースの破損や持ち運びをしたときなどの傷を抑えたいと思えば外部タイプがよいと思います。

ポータブルハードディスクでは、USBケーブルによって電力供給できるものや、最近では小型化も進んで胸ポケットに入るくらいの大きさの製品まであったりします。ただ製品を選ぶときは、過剰のものがあってもしょうがない場合もありますので、ご自身の利用環境に合わせて選ぶことが大事ですね。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ