ハードディスクのパーテーションの切り方を知っておこう

パーティションの意味には、仕切り・分割・分割された部分といったようなことがあるのですが、ハードディスクのパーティションとは一体どういったことなのかと言いますと、論理的に分割された領域といいったことを意味するようですね。
簡単に言いますと、1つのハードディスクを2つまたは3つあるようにするといったことです。こういった分割をすることを、パーティションを切るなどとも言ったりします。このことによって、1つのハードディスクに対して、複数のOSを導入することが出来たり、パーティション毎にファイルを分けることで、管理・作業の効率化を図ったりするように出来るのです。

他にもシステム用のドライブ、データ保存用のドライブといったように分けたりをして、OSを再セットアップする場合やデータのバックアップをするとき、そしてドライブをデフラグをする場合などにかかる時間を短くすることも可能です。ただ注意しなければいけないことは、分割をするディスクのサイズを考えないと、片方は容量がいっぱいだがもう片方は容量がガラガラなんてことも起こりかねませんので注意が必要です。こうなってしまったときには切りなおした後のデータの移動をすることが必要になってきます。
切り方はどうやって行うのかといいますと、WindowsXPの場合ですと、マイコンピューターを右クリックで、管理を選択するとコンピューターの管理のウィンドウが出ます。そこにある、ディスクの管理から、パーティションの設定をすることが可能となります。
フォーマットがされていないディスク(未割り当て)を右クリックをして、新しいパーティションを選択すると新しいパーティションウィザードが起動をします、そうしたらパーティションの種類・容量を選択をして下さい。もし拡張パーティションを選択をした場合には、さらに論理パーティションで分けるといったことになります。最後にパーティションを切ることが終了しましたら、フォーマットを行うことでアイコンが追加されるようになりますのでそこで使用可能となるのです。
この作業をする際に注意をしてほしいことは、データの入っているハードディスクのパーティションを変更するといった作業をしますとデータは全て消えてしまいますので、データを残して管理するといったソフトを使用をするか、またはバックアップを必ず取っておくようにしましょう。

何事にも、バックアップを日頃から取るクセをとっておくようにしておくと何かあったときに困らなくて済みますので、頭にいれておくと良いでしょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ