ハードディスクの増設をしよう

ハードディスクの増設をするときにどういったことに注意して作業をしたり選んだりしたほうがよいか考えてみます。パソコンの使用が長くなってきますと、ハードディスクの容量がだんだんと足りなくなってきたという経験をしたことがあるでしょうか?たとえ不要なファイルを整理をしていってもいずれは限界がきてしまいます。大容量のディスクを交換用で購入をしたがなかなかする暇がないといった場合や、バックアップをとることも考えていかなくてはといったときに、現状はそのままにして新しいディスクを追加していくことを考えてもよいでしょう。こういったことを増設と呼び、増設をすることが可能なハードディスクやCD、DVDドライブといったものの総数には限度があることも知っておきましょう。使用中のパソコンを確認して、内蔵や外付けを決めます、メリットやデメリットもありますが、内蔵型では場所をとらないですが、ジャンパの設定、増設用空きベイとサイズが違うと取り付けることが無理といったことが欠点でもあります。外付けハードディスクはどうかといいますと、内臓型を入れることが出来ない小さいパソコン、ノートパソコンといったものにも増設が可能となりますが、外において置くことになりますのでスペースが必要になり、専用インターフェイスがないようなパソコンであったりすると増設が出来ないとなります。
内蔵型、外付けを選んだら増設するディスク容量を決めましょう。現在は昔に比べて安くなってきていますので、1万円から2万円くらいのものでも十分であったりします。大容量ハードディスクが希望でしたら、1TB(テラバイト)といった容量のものもあります。購入しましたら取り付けをすることになりますが、内蔵型ではBIOSの制限であったり、容量の壁と言われる内蔵型、外付け両方にてOSのファイルシステムでの容量の限界といったものがありますので、もし古いOSを使用しているといった際には注意をするようにしてください。
何事も最初は大変だと思いますが、パソコンを使用していますとハードディスクの問題はこれからも考えられますので一度経験をして、次からスムーズに出来るようにしてしまいましょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ