ハードディスクのフォーマットって?

ハードディスクを購入したときのフォーマットについてどういった意味なのかを調べてみましょう。市販されているハードディスクを使う際に、フォーマットが必要となっていればフォーマットをしなければいけませんが、この言葉がどんなことなの?と思われるかたもいるでしょう。ISO9660といったものを見たことがありますでしょうか?データをCD-Rに書き込むと表示されたりしますが、この文字はデータ用CD-ROMのファイルシステムの規格となります。このファイルシステムとは、ファイルのサイズ、名前といったものの一覧を記録する場所を決めているもので、フォーマットとは、ハードディスクに使用することになるOSのファイルシステムを組み込むといった作業になるわけです。ハードディスクのフォーマットはOSにより形式が変わってしまうので自分でこのフォーマットをするといったことが必要となってくるのです。最初からフォーマット済みといったハードディスクもあったりしますが、OSが古いものですと使えないといった形式だったり、古い形式でのフォーマット済みといったこともあると思います。形式について言えばこれは一長一短があるので、両方が使えるOSであるならどちらでもかまわないでしょう。ただ、形式やOSにより、容量の壁と言われているような、OSが一定以上になる容量を認識しないといったことも起こるので、このOSとフォーマット形式での繋がりや関係は覚えておくとよいですね。今では最大では2TB(テラバイト)の壁、WindowsXPやWindows2000については137GB(ギガバイト)の壁が存在します。他には、もし今使っているハードディスクをフォーマットをしたいと考えたときに、そのままでフォーマットをすることは出来ません、ですので一旦電源を切って他の起動用ディスクから起動をさせてハードディスクのフォーマットそしてOSの再インストールといった手順になることを知っておきましょう。ここで重要なことは、フォーマットをした後はハードディスクのデータは全て消えてしまい修復や復旧は出来ませんので、重要なデータといったものは必ずバックアップを取っておきましょう。ハードディスクは壊れやすい箇所でもありますので、フォーマットに限らずデータについてはバックアップを日頃から心がけましょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ