ハードディスクの交換をしよう

ハードディスクのトラブルで困ったことがある場合などに、今後はどんなときに交換したらよいか?どうやって交換するのか?ハードディスクの交換の作業方法をあげてみました。
OSのインストールがされているメインとなっているハードディスク容量が足りないと感じたり、壊れそうになってきたときには、新しいハードディスクに交換をするように準備をしていきましょう。容量が大きければ他の部分のパフォーマンスも高いことも多いですので、増設をしたディスクをメインのハードディスクにしてもよいのではないでしょうか。交換のみならハードディスクの入れ替えをするだけですが、OSがインストールされていないとそのディスクでは起動ができませんのでOSの再インストールをするか、古いディスクからの引っ越しをしないといけません。データを移動させるのに必要なことは、古いディスクとの交換をする新しいディスクと再インストールをする為のOSのディスクとなります。交換方法によっては、OSのディスクが必要ないこともありますが、そういった方法をとれないこともありますので一般的な交換の方法で考えてみましょう。
IDEタイプでのハードディスクには、ジャンパーピンといわれるものがあります、それをマスター設定とすることによってOSを入れて利用が出来ることになります。これがシリアルATAタイプですと必要ないです。この設定がすみましたら、古いディスクがあった位置に新しいディスクを入れ替えをしましょう。もしデーターを移動するのであれば、古いディスクの設定をスレーブにして違う位置に取り付けます。振動によっての故障の原因も多々ありますのでディスクはきちんとねじで固定をして下さい。終わりにケーブルをつけて、マザーボードのコネクタにはめるのですが、この際に左右の向きには注意するようにしてください。Primary・SecondaryのコネクタがマザーボードにはありますのでこのPrimaryにはめるようにしましょう。取り付け自体はこれで終了となりますが、この後にはBIOSにて設定が正しいかどうかの確認をしてからフォーマット・インストールをして交換が完了です。実際にハードディスクの交換作業をする際には、説明書などをよく読んで作業をするようにして下さいね。突然の故障でデータが消えてしまったなんてことのない様にこういった作業も覚えて対策できるようにしておくとよいでしょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ