外付けハードディスクの比較方法なら

外付けハードディスクを購入する際の比較で困ったことってないでしょうか?どうやって自分がほしいHDDをさがしたらよいかまとめてみました。
まずHDDのスペックですが、なかでもハードディスク容量がどのくらいのものを購入したらよいか悩むところでしょう。今では、HDDの容量が1TB(テラバイト)以上のものも販売されていますが、価格もちょっと高い金額設定となっていますね。動画をある程度使うくらいでも300GB(ギガバイト)程でも十分だったりしますので、そちらはご自分の使用環境によりますね。文章ばかりでしたらそれ以下でも十分足りるのではないでしょうか。次に気になるところが、HDDの転送速度です。これは接続インターフェイスにより大きく速度が変わったりしますね。規格は現在、SATAやUSB、IEEE1394などが一般的ではないでしょうか。速度的にUSB2.0とIEEE1394はそんなには変わらないようですが、USBについては今ではパソコンにポートがほとんどついていたりするので、USBを使用するとよいのではないでしょうか。気をつけなくてはいけないところは、古いパソコンの場合にUSB2.0ではなくてUSB1.1の場合がありますがこちらでは速度がかなり遅くなってしまいます。外付けHDDの書き込み速度を最大限に活かしてくれる転送速度のSATAはUSB2.0より数倍速かったりしますが、ケーブルなどを別途購入するようになりますので注意が必要です。なのでかなり大きい容量など以外の場合にはUSB対応でも大丈夫だと思います。
外付けハードディスク(HDD)を購入する際に、バックアップをすることが目的として買われるかたが多いと思いますが、HDDに入っているバックアップデータが3ヶ月前のものだったなどとならないように、さるべく最新データを残したいと考えている方などは、RAID対応となっている製品が良いのではないでしょうか。RAID対応でも完全と言えるわけではないと思いますので、まめにHDDにバックアップをとる作業はしたほうが良いと思います。また外付けHDDを比較する際に、付属ソフトがついている場合も今では多いですので、便利な役立つソフトの場合にはそういった面も比較対象にしてもよいでしょう。
他には使用面のうえで、スペースに困らない大きさであったり、音も気になるところですが、冷却についてはHDDの長持ちには大事な部分ですので注意してみたほうがよいですね。
簡単ですがHDDを比較して選ぶ際に重要な部分をあげてみました、その人の用途によって容量が一番、アフターフォローが良い会社、とにかく長く使いたいなどといった重要視する点も違うと思いますが、パソコンショップの店員さんやネットで気になる面での評判などを検索してみてもよいでしょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ