外付けハードディスクの選び方って?

ハードディスク(HDD)のトラブルはパソコンを使用しているとどうしてもついてくる問題ですね。出来れば回避したいものですが中々そうもいきません。バックアップや復旧の意味も含めて外付けハードディスクのことをちょっと勉強してみました。

ハードディスクでまず最初にクラッシュしたりする前に、容量が足りなくなってくることになる場合があるのではないでしょうか?HDDはパソコンに関する中でも、壊れやすくて使用をずっとしているとデータを読み込むことも出来なくなってしまう場合があります。そういう恐れも考えて復旧のためにもHDDのバックアップをとっておくことが重要です。バックアップするには使用しているものとは別に、1台けハードディスクが必要となります、内臓させる場合のHDDは扱いも難しいことと、今では使用している人も多いノートパソコンでは1台しかHDDを入れられませんので、外付けのHDDを使用してバックアップを考えると良いですね。またこれには、バックアップとは別に、ハードディスクを増設することでの容量が増えファイルの高速で保存もすることが出来ます。

外付けHDDの必要性は知っていても、何を基準に購入したらよいか?選び方もちょっと考えてみましょう。

最初は当たり前かもしれませんが、予算(金額)をある程度決めますね、安いと容量が足りない性能が低い、高すぎるのも中々購入も大変ですので、大体今ではある程度お買い得なものも多い、1万円から2万円前後くらいはあると良いですね。PCショップなどにいくとメーカーも色々あって悩むかもしれませんが、有名なところは、バッファロー、IODATA、ロジテックがHDDの大手ではないでしょうか。ですのでこの3社で始めは選んでもよいでしょう。
次はハードディスクの容量ですが、ここが値段や価格を左右しているといってもよいですね、ファイル容量はあまり使わない、文章作成が主であるとかでしたら、100GBくらいでも大丈夫でしょうが、今では動画やテレビを録画したものを保存している人も多いと思いますのでそういったファイルを保存・編集する場合は300GBやそれ以上はほしいですね、今では外付けハードディスクで1テラバイトなんてものもありますからね。
もうひとつは、外付けハードディスクで付属ソフトが同封されている場合があります、そういったソフトもどんなものか見ておくとよいですね。後は重要なのが、お持ちのパソコンに接続可能か?は調べておきましょうね。購入したものの、外付けHDDがつけられないなんてことのないように、接続方法はきちんと調べましょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ