ハードディスクの初期化の方法

ハードディスクの初期化といった説明があったりしますが、この初期化とはハードディスクにOSのファイルシステムを組み込むといった作業になります、フォーマットと言われたりもします。こういった作業をすることで、ハードディスクを使用できるようになるのですが、もし使用しているハードディスクを初期化してしまいますと、データ全てが消滅してしまいますので注意が必要です(初期化直後の場合に復活が出来る場合もあるようです)。ウィルスが感染してしまったといったときに、パソコンの調子が悪くなってしまったなどのときに、一度データを全部消してOSを再インストールするといった作業をします。

こういった、再インストールをして購入直後の状態に戻すといった、リカバリのことも初期化といったりもします。リカバリというのは、ある時点まで戻すといったことですので厳密には初期化とは違うわけですが、フォーマットした状態に戻すことでほとんど初期化という事になりますね。これはハードディスクよりもパソコンの初期化といったふうでもあります、こうした場合でもデータは全て消えてしまうので注意です(再インストールをしたもの意外)。なのでバックアップを取ることを忘れないようにして下さいね。

では初期化の方法はどんな感じかといいますと、リカバリの場合では専用のCD-ROMがOSを購入したときについているので、手順も指示がありますのでそれを行うことで問題はありません。フォーマットの場合ですとOSにおって手順が変わってくるのですね、仮にWindowsXPだとしますと、マイコンピューターを右クリック⇒管理を選択後⇒ウィンドウが表示されますので、ツリーの記憶域からディスクの管理を選択⇒フォーマットするディスクを選択して右クリックをしてディスクを初期化を選ぶ⇒初期化が済みましたらパーティションの設定をしてフォーマットをすると、XPに使用を出気宇ハードディスクの初期化が完了するのですね。ハードディスクの容量・OSにより、容量の壁がありますので注意するようにしましょう。

ハードディスクの初期化やフォーマットは知っておいて損はないでしょうから、覚えておくとよいですね。

ハードディスクのコピーをしよう

パソコンを長年使用をしたことがある人は経験したことがあるかもしれませんが、突然ハードディスクから異音(ガリガリ音)が鳴ってパソコンがフリーズしてしまった、なんて経験をしたことがあるかもしれません。ハードディスクの寿命は3年から5年で早い場合では2年や半年といった年月で壊れてしまうこともあるのです。

パソコンで重要な部品が消耗品なのですね。もし壊れてしまったハードディスクに大事なデータが入ったままだったらと考えるととても怖いですね。そういった事態になる前にバックアップといったことが重要になるのです、面倒なのでハードディスクの中身だけを丸ごとコピーしておけばよいと思われるかたもいらっしゃると思いますが、データにはシステムが稼動中の場合に手を出せないといったものもあって、それがシステム上で重要なデータとなっていたりしてコピーが不十分となって正常に動作をしなくなるといったことがおこるのです。

こういった場合でOSを他のハードディスク、もしくはパーティショーンにインストールをしてそっちから起動をすることでコピーが可能であったりしますが、この方法でも問題点があってWindows2000の場合には特にやめたほうがよいでしょう。

ではコピーが出来ない?と覆ってしまいますが、そういうわけではないのですが、専門の業者に依頼するといった方法もあります、こちらは費用はかかるのですがきちんとした業者に依頼すればコピーも問題ないでしょう。もうひとつは、ハードディスクコピーソフトと呼ばれるものを使用することですね、これはお引越しソフトとも言われて、市販品やフリーウェアの両方であるのでご自身で信用できるものを選択しましょう。コピーすることは、再インストールよりは楽でしょうが、費用や手間はある程度覚悟はしておきましょう。

こういったハードディスクに関わるトラブルは非常に多いですので、事前の対策を日頃からとっておくとよいですね。

ポータブルハードディスクの最近

ポータブルハードディスクと最近ではよく聞くようになってきましたが、これは外付けのハードディスクの一種になり、小型化にして持ち運びをすることを可能にされてハードディスクのことです。他に比べると高価ではありますが、持ち運びに便利で容量に比べて場所をとらないといったことで人気もあります。持ち運びのよさでは、USBメモリといったものもあります、価格も安価ですので利用しているかたも多いと思います。

ただ、1万円前後でのUSBメモリでは大きい容量でも8GBや16GBといったところでしょうが、ポータブルハードディスクでは、120GBといった容量のものもありますので容量辺りにしての単価を考えてしまうと10倍くらいになってしまったりもします。最初からある程度の予算に余裕があるようでしたらポータブルハードディスクを購入することを検討したほうがお得でもあるでしょう。ただ使用するものが、テキストファイルや小さいサイズといったものの移動だけのようでしたらUSBメモリでも十分でしょう。最近ではポータブルハードディスクにはバックアップ用のソフトといったものも付属していたりしますので付属品も確認しましょう。

ポータブルハードディスクでは、画像、映像、音楽ファイルといった大きいファイルの移動でとても便利ですが、ハードディスクというのはやはり衝撃に弱くて、持ち運べるように外部や内部に衝撃吸収用の緩衝材といったものが入っていたりします。外側より内部への衝撃について重視したいといった場合は内部タイプで、ケースの破損や持ち運びをしたときなどの傷を抑えたいと思えば外部タイプがよいと思います。

ポータブルハードディスクでは、USBケーブルによって電力供給できるものや、最近では小型化も進んで胸ポケットに入るくらいの大きさの製品まであったりします。ただ製品を選ぶときは、過剰のものがあってもしょうがない場合もありますので、ご自身の利用環境に合わせて選ぶことが大事ですね。

ハードディスクのパーテーションの切り方を知っておこう

パーティションの意味には、仕切り・分割・分割された部分といったようなことがあるのですが、ハードディスクのパーティションとは一体どういったことなのかと言いますと、論理的に分割された領域といいったことを意味するようですね。
簡単に言いますと、1つのハードディスクを2つまたは3つあるようにするといったことです。こういった分割をすることを、パーティションを切るなどとも言ったりします。このことによって、1つのハードディスクに対して、複数のOSを導入することが出来たり、パーティション毎にファイルを分けることで、管理・作業の効率化を図ったりするように出来るのです。

他にもシステム用のドライブ、データ保存用のドライブといったように分けたりをして、OSを再セットアップする場合やデータのバックアップをするとき、そしてドライブをデフラグをする場合などにかかる時間を短くすることも可能です。ただ注意しなければいけないことは、分割をするディスクのサイズを考えないと、片方は容量がいっぱいだがもう片方は容量がガラガラなんてことも起こりかねませんので注意が必要です。こうなってしまったときには切りなおした後のデータの移動をすることが必要になってきます。
切り方はどうやって行うのかといいますと、WindowsXPの場合ですと、マイコンピューターを右クリックで、管理を選択するとコンピューターの管理のウィンドウが出ます。そこにある、ディスクの管理から、パーティションの設定をすることが可能となります。
フォーマットがされていないディスク(未割り当て)を右クリックをして、新しいパーティションを選択すると新しいパーティションウィザードが起動をします、そうしたらパーティションの種類・容量を選択をして下さい。もし拡張パーティションを選択をした場合には、さらに論理パーティションで分けるといったことになります。最後にパーティションを切ることが終了しましたら、フォーマットを行うことでアイコンが追加されるようになりますのでそこで使用可能となるのです。
この作業をする際に注意をしてほしいことは、データの入っているハードディスクのパーティションを変更するといった作業をしますとデータは全て消えてしまいますので、データを残して管理するといったソフトを使用をするか、またはバックアップを必ず取っておくようにしましょう。

何事にも、バックアップを日頃から取るクセをとっておくようにしておくと何かあったときに困らなくて済みますので、頭にいれておくと良いでしょう。

ハードディスクの増設をしよう

ハードディスクの増設をするときにどういったことに注意して作業をしたり選んだりしたほうがよいか考えてみます。パソコンの使用が長くなってきますと、ハードディスクの容量がだんだんと足りなくなってきたという経験をしたことがあるでしょうか?たとえ不要なファイルを整理をしていってもいずれは限界がきてしまいます。大容量のディスクを交換用で購入をしたがなかなかする暇がないといった場合や、バックアップをとることも考えていかなくてはといったときに、現状はそのままにして新しいディスクを追加していくことを考えてもよいでしょう。こういったことを増設と呼び、増設をすることが可能なハードディスクやCD、DVDドライブといったものの総数には限度があることも知っておきましょう。使用中のパソコンを確認して、内蔵や外付けを決めます、メリットやデメリットもありますが、内蔵型では場所をとらないですが、ジャンパの設定、増設用空きベイとサイズが違うと取り付けることが無理といったことが欠点でもあります。外付けハードディスクはどうかといいますと、内臓型を入れることが出来ない小さいパソコン、ノートパソコンといったものにも増設が可能となりますが、外において置くことになりますのでスペースが必要になり、専用インターフェイスがないようなパソコンであったりすると増設が出来ないとなります。
内蔵型、外付けを選んだら増設するディスク容量を決めましょう。現在は昔に比べて安くなってきていますので、1万円から2万円くらいのものでも十分であったりします。大容量ハードディスクが希望でしたら、1TB(テラバイト)といった容量のものもあります。購入しましたら取り付けをすることになりますが、内蔵型ではBIOSの制限であったり、容量の壁と言われる内蔵型、外付け両方にてOSのファイルシステムでの容量の限界といったものがありますので、もし古いOSを使用しているといった際には注意をするようにしてください。
何事も最初は大変だと思いますが、パソコンを使用していますとハードディスクの問題はこれからも考えられますので一度経験をして、次からスムーズに出来るようにしてしまいましょう。

ハードディスクのデータ復元方法やソフト

ハードディスクでのデータの紛失、トラブルといったことは経験してみるととても困ってしまうことだと実感したりしますね。突然のトラブルの為にも、ハードディスクのデータ復元のことも知っておくとよいでしょう。仕事に限らずプライベートでもパソコンに入っている大切なファイルをフォーマットしてしまったなどの誤作動によって消してしまったなどの話を聞いたりします。またこれも聞くのですが、他の人にはあまり知られたくない個人情報といったものを、ゴミ箱からも削除したから大丈夫であると思うといったこともあるでしょう。
ただあまり安心していますと今ではフリーソフトなどでも、データの復元が可能なんていうのもありますのでこういったことが、中古パソコンなどからの情報漏洩の要因になったりします。本当は削除したくないデータなどを間違えて削除をしてしまった場合などは、このデータ復元ソフトを使って復旧をするといった方法もありますね。

このデータ復旧や復元のソフトはインターネットでフリーソフトがあったり、市販で販売されていたりします。
どうして復元が出来るのかといいますと、消してすぐの状態であったりするとハードディスク上にはまだデータが残っていてこの復元ソフトはそういった目には見えないデータをWindows上にて目にみれる状態に戻すといったことになります。データの紛失ではこのほかに、ハードディスクの損傷によってデータが読み取ることが出来ないといった場合には、紹介をしたような復元ソフトでは対応が出来ないので、復旧作業を専門としている業者に依頼をすることになります。ハードディスク自体の寿命というのはあまり長いとはいえませんのでそうなった場合に備えて事前に復旧作業をしている業者については知っておくとよいですね。復元業者じたいはたくさんの会社がありますので。
技術・対応・実績などを調べておいてすぐ依頼できるようにしておくとすぐ復元したいなどといった時にも慌てないですみますからね。ただ絶対に全てを復元をすることが出来るとは言えませんので、日頃からデータを分けておいてバックアップをきちんと取るようにすることがよいですね、また外付けハードディスクにデータを保存したりして万一の時にはそこのデータを復旧させるようにしたりしてもよいですね。最新ということにはなりませんが、全てのデータが消える恐れからは開放される復旧の仕方でもないでしょうか。

ハードディスクのフォーマットって?

ハードディスクを購入したときのフォーマットについてどういった意味なのかを調べてみましょう。市販されているハードディスクを使う際に、フォーマットが必要となっていればフォーマットをしなければいけませんが、この言葉がどんなことなの?と思われるかたもいるでしょう。ISO9660といったものを見たことがありますでしょうか?データをCD-Rに書き込むと表示されたりしますが、この文字はデータ用CD-ROMのファイルシステムの規格となります。このファイルシステムとは、ファイルのサイズ、名前といったものの一覧を記録する場所を決めているもので、フォーマットとは、ハードディスクに使用することになるOSのファイルシステムを組み込むといった作業になるわけです。ハードディスクのフォーマットはOSにより形式が変わってしまうので自分でこのフォーマットをするといったことが必要となってくるのです。最初からフォーマット済みといったハードディスクもあったりしますが、OSが古いものですと使えないといった形式だったり、古い形式でのフォーマット済みといったこともあると思います。形式について言えばこれは一長一短があるので、両方が使えるOSであるならどちらでもかまわないでしょう。ただ、形式やOSにより、容量の壁と言われているような、OSが一定以上になる容量を認識しないといったことも起こるので、このOSとフォーマット形式での繋がりや関係は覚えておくとよいですね。今では最大では2TB(テラバイト)の壁、WindowsXPやWindows2000については137GB(ギガバイト)の壁が存在します。他には、もし今使っているハードディスクをフォーマットをしたいと考えたときに、そのままでフォーマットをすることは出来ません、ですので一旦電源を切って他の起動用ディスクから起動をさせてハードディスクのフォーマットそしてOSの再インストールといった手順になることを知っておきましょう。ここで重要なことは、フォーマットをした後はハードディスクのデータは全て消えてしまい修復や復旧は出来ませんので、重要なデータといったものは必ずバックアップを取っておきましょう。ハードディスクは壊れやすい箇所でもありますので、フォーマットに限らずデータについてはバックアップを日頃から心がけましょう。

ハードディスクの交換をしよう

ハードディスクのトラブルで困ったことがある場合などに、今後はどんなときに交換したらよいか?どうやって交換するのか?ハードディスクの交換の作業方法をあげてみました。
OSのインストールがされているメインとなっているハードディスク容量が足りないと感じたり、壊れそうになってきたときには、新しいハードディスクに交換をするように準備をしていきましょう。容量が大きければ他の部分のパフォーマンスも高いことも多いですので、増設をしたディスクをメインのハードディスクにしてもよいのではないでしょうか。交換のみならハードディスクの入れ替えをするだけですが、OSがインストールされていないとそのディスクでは起動ができませんのでOSの再インストールをするか、古いディスクからの引っ越しをしないといけません。データを移動させるのに必要なことは、古いディスクとの交換をする新しいディスクと再インストールをする為のOSのディスクとなります。交換方法によっては、OSのディスクが必要ないこともありますが、そういった方法をとれないこともありますので一般的な交換の方法で考えてみましょう。
IDEタイプでのハードディスクには、ジャンパーピンといわれるものがあります、それをマスター設定とすることによってOSを入れて利用が出来ることになります。これがシリアルATAタイプですと必要ないです。この設定がすみましたら、古いディスクがあった位置に新しいディスクを入れ替えをしましょう。もしデーターを移動するのであれば、古いディスクの設定をスレーブにして違う位置に取り付けます。振動によっての故障の原因も多々ありますのでディスクはきちんとねじで固定をして下さい。終わりにケーブルをつけて、マザーボードのコネクタにはめるのですが、この際に左右の向きには注意するようにしてください。Primary・SecondaryのコネクタがマザーボードにはありますのでこのPrimaryにはめるようにしましょう。取り付け自体はこれで終了となりますが、この後にはBIOSにて設定が正しいかどうかの確認をしてからフォーマット・インストールをして交換が完了です。実際にハードディスクの交換作業をする際には、説明書などをよく読んで作業をするようにして下さいね。突然の故障でデータが消えてしまったなんてことのない様にこういった作業も覚えて対策できるようにしておくとよいでしょう。

ハードディスクの修復をするには

ハードディスクが壊れて困ってしまったことがある経験をしたことがある人もいらっしゃるでしょうが、このHDDはパソコンの中で一番壊れやすい部品と考えてもよいでしょう。ハードディスクは5年ぐらいで故障してしまうといったケースが多くみられるようですので、そういったときにデータが全部消えてしまわないように、定期的にHDDのバックアップをとることをお勧めします。もしこのバックアップをしておく前に故障してしまった場合や最新の情報といったものも復旧させたいときには、このハードディスクを修復させるといったことが必要になってくるのですが、ここで知っておきたいのが、HDDを直すことは基本的に出来ないということなのです。これが簡単な故障のとしても完全に直るといったことはまず難しいでしょう、こういったことからバックアップ作業が大切になってくるのです。ただもしどうしても修理したい直したいといったときに選択肢として考えられるのが、HDD修復の業者となります。ハードディスクでの故障では、物理障害・論理障害があるのですが、論理障害では市販されているソフトで修復が可能の場合があったりしますが、物理障害になると、専門できちんと設備が整っている業者へ依頼しないといけません(まれに物理障害の修復をするソフトもあるようですが)。ただここでも覚悟しておかなくてはいけないことは、そういった業者でも、100%の修復が出来るといったことではないのでそういったときは諦めるしかないとなりますね。またそういったことになることが少ないように、業者へのバックアップを依頼するときには慎重にしましょう。確かに費用が高ければ設備も充実しているかもしれませんが、物理障害が重度のときなど、新品のパソコンくらいの費用を請求されるかもしれませんからね。また低価格の安い業者では、安く提供できるであろう理由があるはずですので、何故安いのか?を考えたほうがよいですね。とはいっても修復作業事態はそれなりの金額はするので、十分に検討して依頼をしてくださいね、また、修復が上手くいった場合でもHDD自体は壊れやすくなっていると考えられるため、バックアップをして新しいHDDを購入するなどを検討したほうがよいですね。
ハードディスクのバックアップをしていないと、緊急で対応しなければいけないデータが取り出せない場合など大変な思いをすることにもなりますので、日頃からのHDDのばっくあっぷは心がけるようにしましょう。

外付けハードディスクの比較方法なら

外付けハードディスクを購入する際の比較で困ったことってないでしょうか?どうやって自分がほしいHDDをさがしたらよいかまとめてみました。
まずHDDのスペックですが、なかでもハードディスク容量がどのくらいのものを購入したらよいか悩むところでしょう。今では、HDDの容量が1TB(テラバイト)以上のものも販売されていますが、価格もちょっと高い金額設定となっていますね。動画をある程度使うくらいでも300GB(ギガバイト)程でも十分だったりしますので、そちらはご自分の使用環境によりますね。文章ばかりでしたらそれ以下でも十分足りるのではないでしょうか。次に気になるところが、HDDの転送速度です。これは接続インターフェイスにより大きく速度が変わったりしますね。規格は現在、SATAやUSB、IEEE1394などが一般的ではないでしょうか。速度的にUSB2.0とIEEE1394はそんなには変わらないようですが、USBについては今ではパソコンにポートがほとんどついていたりするので、USBを使用するとよいのではないでしょうか。気をつけなくてはいけないところは、古いパソコンの場合にUSB2.0ではなくてUSB1.1の場合がありますがこちらでは速度がかなり遅くなってしまいます。外付けHDDの書き込み速度を最大限に活かしてくれる転送速度のSATAはUSB2.0より数倍速かったりしますが、ケーブルなどを別途購入するようになりますので注意が必要です。なのでかなり大きい容量など以外の場合にはUSB対応でも大丈夫だと思います。
外付けハードディスク(HDD)を購入する際に、バックアップをすることが目的として買われるかたが多いと思いますが、HDDに入っているバックアップデータが3ヶ月前のものだったなどとならないように、さるべく最新データを残したいと考えている方などは、RAID対応となっている製品が良いのではないでしょうか。RAID対応でも完全と言えるわけではないと思いますので、まめにHDDにバックアップをとる作業はしたほうが良いと思います。また外付けHDDを比較する際に、付属ソフトがついている場合も今では多いですので、便利な役立つソフトの場合にはそういった面も比較対象にしてもよいでしょう。
他には使用面のうえで、スペースに困らない大きさであったり、音も気になるところですが、冷却についてはHDDの長持ちには大事な部分ですので注意してみたほうがよいですね。
簡単ですがHDDを比較して選ぶ際に重要な部分をあげてみました、その人の用途によって容量が一番、アフターフォローが良い会社、とにかく長く使いたいなどといった重要視する点も違うと思いますが、パソコンショップの店員さんやネットで気になる面での評判などを検索してみてもよいでしょう。
パソコンやハードディスクのトラブル回避にはHOMEへ